Thursday, 3 May 2018

単語帳 - 英日まとめ

英語の勉強をしていると、日本語では一語で言い表せないような複雑な内容を一語でスパッと言い表してしまうような単語に遭遇することがあります。

私は結構、そんな単語がお気に入り。 

そんな単語に出会ったら、できるだけメモしたりして頑張って覚えているのですが、
備忘録をかねて、ブログにアップしようかと思います。


palpable  (adj) : 容易に分かる、明白な、触れられそうな、〔医学的に〕触診可能の
squarmish (adj) :  〔血やけがなどに〕すぐに気分が悪くなる、吐き気を催す
hindsight (noun) :  あとになっての判断、後知恵



単語帳 : hindsight

久しぶりに、単語帳をアップデートいたします。

本当は、普段からもっと意識して生活して、
この単語帳に乗せたいような単語を見つけたいと思っているのですが。
なかなかそうは問屋がおろしません。

さて、本日の単語は、 hindsight

まずは、某A○CさんのOnline辞書での定義 

~~~~

hindsight
【名】
あとになっての判断、後知恵◆【対】foresight
〔銃の〕後部照尺
レベル11、発音háindsàit、分節hind・sight

with hindsight
後知恵で、後から[振り返って]考えれば[考えると]、後で分かったことだが、今になってみれば、結果的に、結果論になるが

~~~~

Oxford 英英辞書では

~~~~

hindsight

Understanding of a situation or event only after it has happened or developed.


‘with hindsight, I should never have gone’

~~~~

昔の事をふりかえって、

今になって思ったら、あの時ああやっておいて良かったなあと思う。

なんて会話をする事があると思いますが、その、

今になって思ったら

部分です。

それが、

with hindsight

という感じに、結構短くなっちゃいます。

実は私、この単語結構使うんです。
過去を振り返ることが多い、後ろ向きな性格なのでしょうか。
自分ではそんな事はないと思うんやけどなあ。


にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

にほんブログ村

Tuesday, 23 January 2018

HORTON HEARS A WHO!


ここ数年、歳をとって体力が減退してきたのか、
仕事内容がきつくなってきたのか、その両方なのか、
毎日の仕事をこなすのが精一杯で、せっかくの週末にも
ゆっくり本を読んだりする精神的余裕がなかったのですが、
2017年、ついに一大決心をし、働き方を変える事にしました。

別ブログに顛末を徒然と書きなぐっているのですが、
セミリタイアします。うれしい~。
フルタイムからパートタイムへ転身。収入半減。家計管理どうしようかなあ。

収入はかなり減りますが、当分の間は、夫に扶養してもらいます。
夫は今のところ働いてくれているので、当面の間はきっと大丈夫。
夫も仕事が嫌になったら、二人で何か画策しようと思います。

という訳で、ゆっくり本を読む心の余裕がうまれました。
人間、単純なものです。

まずは、家にある絵本を読み返してみています。
昔から絵本が好きで、絵本なんて買うときりがないので
図書館で借りてくるようにしているのですが、
気に入った物は時々衝動買いしてしまって、家に何冊かあるのです。

本日手に取ったのは、

HORTON HEARS A WHO!
Dr. Seuss

ホートンという大きなゾウさんが、ある日、
小さなチリから、小さな声が聞こえる事に気づきます。

それは、小さなチリの上にある「Who-ville」という街に住む、
これまたさらに小さな人たち「WHO」という人たちの声でした。

大きな耳のホートンは、耳が良いからその小さな声が聞こえますが、
他の動物にはその声は聞こえません。
彼らはホートンの気がおかしくなったとバカにします。
そして問題が起こっていくのです。

このお話のキーワードは、

A person's a person. No matter how small.

どんなに小さくても、人間は人間。

心地よいリズムでシンプルな英文の
あらゆるところに大切なメッセージがこめられていて、
英語圏では、児童書として定番の一冊です。


映画にもなりましたね。



映画の邦題がすごい。
不思議な世界のダレダーレ。
WHOをダレダーレを訳したわけですな。

本は文字数も少なく64ページと短いお話なのですが、
映画では色々な肉付けがされていて、これはこれで楽しめます。

というか、私は映画の方も、かなりお気に入り。

この本に限らず、Dr. Seuss 作品は結構映画化されています。

英語圏だと、児童書の定番作品なので、映画になったら
それなりの興行成績が見込めると思うのですが、
日本ではどうなんでしょう?
日本でも、Dr. Seuss 作品は人気があるのでしょうか?

私が子供の頃は、読んだ記憶がないのですが、
今は翻訳されて日本にも入っているのかなあ。?

英文のリズムや言葉遊びが素晴らしいので、翻訳するのが難しそうですが、
中にこめられたメッセージは是非とも子供達に伝えたいものです。

このような良書は、是非とも日本の子供達にも読んでもらいたい。

小学校から英語の授業するなら、こういう本を使ってやれば、
なんて考えてしまいますが、ちょっと難しいかなあ?






Wednesday, 29 March 2017

The Gruffalo's Child

大人買いした絵本の第二弾。

Julia Donaldson (作)
Axel Scheffler (絵)

最強コンビ再び。

ってか、今回私が大人買いした絵本は Julia Donaldson  (作) 絵本の
セレクションセットであるため
しばらくこのコンビによる絵本が続きそうです。

そしてこちらは、The Gruffalo's Child



第一弾、Gruffalo の続編です。

最初、The Gruffalo's Child とな?

Gruffalo は女性だったのか?

と、驚きましたが、前作でも代名詞は"He" でしたし、やっぱりGruffalo は男性。

どうやら父子家庭らしいです。

そして、彼の子供は女の子。

木の枝で作ったお人形を持っていてカワイイです。

娘さんは、毛並みも Gruffalo の親父よりやわらかそう。

とは言いつつ、やっぱり女の子としてはちょっとイカツすぎるような気もしない事はない。

でも、カワイイの~。

なんとも可愛らしい父娘で、ほのぼの気分になります。

でも、お母さんはどうしたのかなあ。

Gruffalo は女性は子供を生んで父親に託す習性なのか、
病気とか事故とかで亡くなったのか。

父子家庭になった経緯で、もう一冊本が書けそうですが、
まあ、そんな本が出版されることはないでしょう。




Sunday, 26 March 2017

THE GRUFFALO

ものすごーく長い間放置していたこのブログですが、
先日つれづれブログで宣言した!

もっと本を読もう

ということで、読み始めました。

大人買いした絵本の第一弾。

Julia Donaldson (作)
Axel Scheffler (絵)

私の好きな最強コンビによる

THE GRUFFALO


このGRUFFALOなるキャラクター、ギリスでは結構人気だと思います。

本屋さんの絵本のコーナーでは彼のキャラクターグッズを頻繁に見かけますし、
私も実際、いくつか買った。

そして、このお話はアニメにもなっています。
時々BBCで突然放送していたりするのですが、
女性ナレーターのしっとりとした声といい、
冷静なストーリー展開といい、
子供向けとしてはかなりシュールな感じがするのですが、
私は大好き。

なんとなく私の感覚では、クリスマス休みでボーっとテレビを見ている時に、
このアニメに遭遇する確率が高いような気がするので、
意外と大人をターゲットにしているのかも。

この絵本は、そんなGRUFFALOの原作絵本です。

そして、アニメの内容と絵本の内容がまったく同じというのも、良い。

まったく同じ内容のアニメをテレビで放送しても、
それでも絵本が売れるのです。

これは、それくらい名作だと思います。

Wednesday, 14 October 2015

単語帳 : Palpable

ずっとこのブログを放置しておりました。

元々、このブログは、気が向いた時に更新するいうスタンスで始めたもので。。


さて、自分自身の備忘録として始めた単語帳。
本日の単語は、 Palpable

まずは、某A○CさんのOnline辞書での定義 

~~~~

palpable  

【形】

容易に分かる、明白な、触れられそうな、〔医学的に〕触診可能の◆【反】impalpable文例

レベル11、発音pǽlpəbl、分節pal・pa・ble 
~~~

と、なっています。

では、私の愛するOxford 英英辞書ではどうでしょう。

~~~
Definition of palpable in English:
adjective

1. (Of a feeling or atmosphere) so intense as to seem almost tangible: a palpable sense of loss

1.1  Plain to see or comprehend: to talk of dawn raids in the circumstances is palpable nonsense More example sentences  

2. Able to be touched or felt: the palpable bump at the bridge of the nose
~~~

私の理解としては、たとえばある日仕事中外出先から会社に戻って、

一歩入ったとたん、事務所の雰囲気が、明らかに悪かった時。

一歩入ったとたん、だれかが上司と喧嘩したな、て雰囲気がありありな時。

そういう時に、Palpable っていう単語が使えそうな気がします。




にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村


Sunday, 8 February 2015

単語帳 : squeamish

英語の勉強をしていると、日本語では一語で言い表せないような複雑な内容を一語でスパッと言い表してしまうような単語に遭遇することがあります。

備忘録をかねて、そんな単語をリストにしているのですが、その中でもお気に入りの単語については、ちょっと深追いしてしてみます。

squeamish

私はこの単語の意味を、ざっくり、「血を見られない人」と覚えています。

ずばり、私自身が血とか、テレビの手術シーンとかを見られない人なのです。
自分自身をこんなに見事に一語で表現してくれる単語に出会った日の衝撃と言ったら!


日本語ではずっと、「私は血とかテレビの手術シーンとかを見られない人だ」などとまどろっこしく表現していたのに、英語では、

I'm squeamish. 

これで終わりです。早い!短い!すばらしい!

さてこの単語、辞書にはどんな感じでのっかっているのでしょう。



まずは、某A○CさんのOnline辞書での定義 

-------
squeamish
【形】
  1. 〔血やけがなどに〕すぐに気分が悪くなる、吐き気を催す
  2. 〔脅かしなどに〕すぐにびっくりする、ビクビクする
  3. 〔行動が〕潔癖性の、ひどくきちょうめんな
レベル12、発音skwíːmiʃ、分節squeam・ish
------

おお、いい感じです。

では、私の愛用のOxford 英英辞書(Online)ではどうでしょうか?

---------
Definition of squeamish in English:
adjective
1Easily made to feel sick or disgusted:  
I’ve always been squeamish about bugs
she was not squeamish about using her social influence in support of her son
-----------

うーん、そうなのかあ。血とは限らないのですね。例文には、血ではなく虫が出てきてます。
あと、(モラルの観点で)潔癖症というという感じかな。

では、Dictionery.com ではどうでしょう?

---------
squeamish

adjective
1. fastidious or dainty.
2. easily shocked by anything slightly immodest; prudish.
3. excessively particular or scrupulous as to the moral aspect of things.
4. easily nauseated or disgusted:
to get squeamish at the sight of blood.
----------- 
  
おお!血が例文に出てきました。
でも、(モラルの観点で)潔癖症という意味の方が上にきてます。

今回は、3つの辞書を比べてみただけですが、色々と違いがあって面白いです。
全体的には、私のざっくりとした覚え方、「血を見られない人」
っていうのもそう悪くないのではと思ったのですが、
「モラル的な潔癖症」という意味もあわせて覚えておこうと思いました。 




にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村